Please enter your text to search.


 

 

老後のために1億円用意しよう

Filed under 投資一般   |   Posted 12月 11, 2014   | 

公的年金の他に、「自分年金」という形で自らの備えを足し込んで老後の生活設計を考える方が増えています。テレビCMでも老後の生活不安を訴求して、投資商品の販売促進を行っていますが、実際、過剰広告とも言えません。今は金融機関の普通預金も超低金利時代ですので、様々な資産運用方法を利用して自らの備え「自分年金」を作っていかないといけないのです。

ところで、ゆとりのある老後のための生活資金をどのくらい蓄えておけば良いのか、イメージしたことはありますでしょうか?一つの基準として1億円と言われています。そんなに大金が必要?と思われるかもしれませんが、日本は医療の発達もあり、世界でもトップクラスの長寿の国になりました。80歳を過ぎても毎日アクティブに過ごす方も珍しくありません。
そのため、昔よりもたくさんの資産を残しておかねばなりません。

老後ギリギリの生活でも良いということであればその半分程度で良いでしょうが、老後の生活も何かとお金がかかります。体も不調を感じることが多くなるでしょうし、なによりも一生懸命数十年間働いてきてその後、夫婦で家に引きこもったままという生活は誰しも本意ではないはずです。

ある程度趣味を楽しみながら、ゆとりのある生活を送るには1億円は目標にしておきたいところです。


 

ターゲットを定めて賃貸経営

Filed under 投資一般   |   Posted 11月 28, 2014   | 

賃貸経営を行うにあたって、一般のビジネスと同じようにしっかり戦略を練った上で土地選び、物件選びを行わないといけません。漠然と「誰でも良いから入居してくれないかな」と考えてもコンセプトが曖昧であれば、中途半端になってしまい、入居者のニーズの満たせないものとなってしまいます。ターゲットを定めて、そのターゲットが必要であろう設備を整え、立地条件なども加味して始めることが成功への第一歩です。

実は賃貸経営は子育て世代の市場が拡大傾向にあります。その子育て世代のニーズをうまく拾っていけば、比較的勝ち目があると言われています。子育て世代をターゲットにすると単身者と比べても人数が多い分、様々なニーズがあります。たとえば子育て世代はワンルームに住む訳にはいきませんので、ある程度の部屋数と広さは確保しなくてはなりません。また、若い主婦や小さいお子さんが住むことになるので、治安の良いところが人気になります。さらに周辺施設も大切で、スーパーが近いのか、保育園や小学校が周辺にどのくらいあるのか、ということも考えられています。

子育て世代は子どもの人数が増えていくと持ち家になりやすいですが、子ども1人の場合は賃貸に住む傾向にあるようです。子ども1人の家庭を想定してプランを考えても良いでしょう。


 

投資の危険性を減らす手段

Filed under 投資一般   |   Posted 11月 8, 2014   | 

投資なのですが、相場の変化というものは誰もが予想できないものです。投資を長年行なっているプロであっても、疑問に思ってしまうような相場というものは、年に2~3回は最低でも遭遇するとされていますので、投資で損失を出してしまう事が仕方がないという状況もあるという事を知っておいて欲しいのです。なおプロは、この様な相場であっても最小限の損失で耐える技術を求められるのです。

プロの投資家なのですが、どんな相場であっても柔軟に対応出来るように資産運用を行なっています。投資の危険を減らす手段としましてよく知られているのが分散投資という手法です。分散投資は色々なものを一度に取引きを行なう事で、いつマイナスの相場が訪れてもバランスを取って耐えることを可能にすることができるようになるのです。

しかし分散投資は誰もがいきなりできるような手法ではありません。どの銘柄を購入するとどの銘柄の価値が下がるといった相場の関係を理解する必要があるのです。これを覚えるのは素人には難しい部分もあります。ここは長期投資を行なう事によって、じっくり勉強を行ないながら儲けを出せる手法を探って欲しいと思います。続けていれば感覚的に分かってくるものですので、長期投資は諦めずに根気よく続けてください。

長期投資の魅力を徹底解剖!
ぜひご一緒にお読みください。


 

中古マンションは今が買い

Filed under 不動産一般   |   Posted 10月 27, 2014   | 

全ての生命には、住まいがあります。自分や家族の身を守るための住まいは、天敵に見つからないように身を隠すために存在します。生物の知能があがると、住まいも複雑になっていきます。また、木の上に住む生物や水の中に住む生物などそれぞれの特徴を生かした住まいを見ていると面白いものです。

人間も、はるか昔から生活を営む基盤として住まいがありました。食事や睡眠、家族との会話を楽しむという点では、いつの時代も変わらないですよね。また、現在の住まいの傾向としては、住まいを求める幅広いニーズがあります。独身やファミリー世帯だけではなく、単身負にや老夫婦、老人の一人暮らしなどのニーズに合わせたさまざまな住まいがありますよね。

そこで、注目されているのが中古マンションです。新築にはできない、手頃な価格は魅力的ですよね。また、住まいのリノベーションも話題で、使い勝手のいい自分だけの住まいを手に入れたいというのであれば、中古マンションは特におすすめです。

新築マンションも次々と建設されている中、中古マンションの人気も衰えることなく高い需要があります。中古マンションのオーナーとしての道も歩める可能性を秘めているのもメリットですね。


 

こども保険の保障内容

Filed under 保険全般   |   Posted 10月 12, 2014   | 

こども保険は貯蓄性の高い保険商品です。主な目的としてはお子さんの教育費を積み立てることとしています。

こども保険の特徴としては保険料が毎月積み立てられ、保険期間の満期を迎えたタイミングで満期保険金(満期学資金)を受け取ることができます。主に満期は18歳の高校卒業・大学進学時、あるいは22歳の大学卒業時に設定されています。お子さんのライフプランにもよりますが、いずれにせよ約20年にも及ぶ長期的な契約になります。
そのため、契約時には家計の状況や経済状況の変化にも対応しながら保険料が支払えるのかを確認したり、契約後に訪れるライフプランを想定しておく必要があります。

しかし、小学校や中学校、高校、大学の進学時には加入したタイミングや選ぶ商品にもよりますが、これら一定のタイミングでお祝い金を受け取ることができます。
また、契約期間中に契約者である保護者が亡くなってしまった場合には、それ以降の保険料の支払いが免除される他、契約時に定められている満期学資金やお祝い金を受け取ることができます。つまり学資金だけでなく、保護者の万が一の時にも備えられる保険商品になっています。

ただし、中途解約時の解約返戻金は元金を下回る可能性がありますので、その点は理解しておきましょう。